医院名:マロニエ矯正歯科クリニック 
住所:〒340-0034
埼玉県草加市氷川町2128-2ベラビル2階 
TEL:048-959-9087

子どもの矯正(小児矯正)

一番上に戻る
歯並び無料相談歯並び無料相談 LINEで問い合わせLINEで問い合わせ

こどものうちから綺麗な歯並びに

いつから矯正を始める?

いつから矯正を始める

矯正を始めるのは「早ければ早いほどいい」というのが当院の考え方です。

いつかは子供の歯並びを矯正したいと考えているものの「小学校に上がってから」「永久歯が生え揃ってから」「前歯が生えてから」など、歯医者さんや友人に聞いてみても様々な情報があり、いつから矯正治療を始めればいいのか決めかねている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、お子様の歯並びが気になったその時こそ、矯正について相談する時です。
当院にご相談いただければ、お子様の歯並びの状態や性格、環境などから最も適した治療開始のタイミングをご提案させていただきます。
歯並びを悪くしてしまう原因は生まれつきのもの、悪い癖によるものがあり、悪い癖が原因となって歯並びが悪くなってしまっている場合はなるべく早いうちから癖を治す努力をすれば早く治ります。
その逆で、悪い癖を放置したまま年を重ねるほど治すのは大変になってきてしまいます。

いつまでに矯正するのがいい?

いつまでに矯正するのがいい

いつまで矯正を行うのかというと、それは「永久歯がすべて生え揃うまで」です。
親知らずは含めず、最後の永久歯である第二大臼歯(前から数えて7番目の歯)が生えてくるのは12歳前後です。永久歯がすべて綺麗に生え揃ってこそ良い歯並びと言えるため、永久歯列が完成するまで見守ります。
治療が早く進んで、永久歯がすべて生え揃う前に歯並びが十分整ったという場合にはそこで一旦矯正治療を終了し、経過観察に入ります。
その後、永久歯がずれて生えてくるなど問題が起きた場合は矯正治療を再開します。
歯が生え変わる時期、顎の成長ペースなどはお子様によっても異なっていますので、場合によっては中学生まで継続するということもあります。

どんな治療をしていくの?

どんな治療をしていくの

お子様の成長を利用し、コントロールしながら治療していくのが子供の矯正治療です。色んなお顔のお子様がいるように、歯並びや顎の形、お口の中にもそれぞれ個性があります。そのため、しっかりと検査・診断を行い、それぞれのお子様に一番適した治療法を選択してご提案します。
矯正装置には、取り外し式の矯正装置やお口の中に装着したままの固定式の装置、マウスピース型の装置、寝る時にお顔に装着するタイプの装置など様々な種類があります。
多くの場合、歯の位置のずれを伴うことがあり、固定式のブラケット装置を使用する場合があります。

悪い癖を治していきましょう

以下のようなお子様の癖が思い当たることはないでしょうか?

  • いつも口が開いてしまっている
  • 唇を噛む癖がある
  • 口を開けて食事をする
  • 唇が荒れていることが多い
  • 指をしゃぶりの癖がある
  • 爪を噛む癖がある
  • 滑舌が悪い
  • よく舌を出している

など、これらの癖は歯並びを悪くする原因になっており、『口腔悪習癖』と言われています。

歯並びというのは舌、唇、頬などの筋肉によって常に押されている状態です。悪い癖などが原因となってこのバランスが崩れてしまうと正常な顎の成長が妨げられてしまい、歯並びが崩れてしまうことに。
そして更に、歯並びが崩れると筋肉のバランスも崩れてしまいます。そして不正咬合(悪い歯並びのこと)の負のスパイラルに陥ってしまうのです。

悪い癖を治していきましょう

そうなってしまう前に筋肉のバランスを正常に戻し、正しい歯並びの状態に戻してあげましょう。
まず、お子様ご自身と保護者様に自覚していただき、気をつけていくことが大事ですが、悪い癖を治すためのトレーニング・プログラム(MFT)もあります。
トレーナーと呼ばれるトレーニングを補助するためのマウスピース型の装置もありますので、お子様の将来のためにも今やるべきことをしっかりとやっていきましょう。

治療費について

当院では「矯正料金+再診料」というシステムをとっており、治療費を抑えることで治療に導入しやすく、順調に治療が進んでいった場合は通院回数が減りますので治療費の総額を少なく抑えることが可能です。
また、矯正料金の金額には矯正治療に必要な装置代もすべて含まれておりますので、新しい装置を使用するために追加料金を頂くこともございません。(矯正装置を紛失してしまった場合は別途装置代がかかります)

お選び頂く矯正治療のプランによって、料金は異なっております。

A.プレ矯正(約3~7歳頃)・・・20万円

プレ矯正

乳歯列前歯が生えたての3~7歳ころのお子様が対象です。
歯並びを悪くする原因となっている悪い癖を取り除くことで筋肉のバランスを正しいものにし、顎の正常な成長を促します。
プレ矯正では主に、マウスピース型の柔らかい装置を使用して頂くMFTと呼ばれるトレーニングを行います。生まれつきの歯の大きさ、顎の大きさに問題が無い場合、お子様によってはこのプレ矯正のみで治ってしまう場合もあります。更に追加の治療が必要となる場合は、次のこどもの矯正へ移行することをおすすめしております。

B.こどもの矯正(約5~10歳)・・・35万

こどもの矯正

永久歯が生えてきた5~10歳頃のお子様、プレ矯正だけで治りきらなかったお子様が対象です。遺伝的要素から生まれつき顎が小さかったり歯が大きい場合や、出っ歯や受け口の場合は子供のうちに積極的に骨格の成長をコントロールしてあげる必要があります。
生まれつき顎が小さいというお子様の場合、本来の顎よりも大きくなるように成長を促すことで、永久歯が生えてくるスペースを確保し、正しいかみ合わせに導いてあげることができます。
お子様の個性や歯並びの形により、取り外し可能な装置や固定式の装置など、様々な装置を組み合わせて治療を行っていきます。ブラケットを使用して前歯の歯並びを整える場合もあります。

当院ではすべての患者様にホワイトワイヤーを使っておりますので、矯正をしていることが目立たず安心です。こどもの矯正は綺麗に永久歯が生え揃うことを目標にしております。最後の永久歯が生え揃うまで見守っていき、顎のコントロールがある程度完了したら終了です。
まだ子供のうちに最後まで歯並びを治しきりたいという場合には、こどものプレミアム矯正へ移行することをおすすめしております。さらに、美しい歯並びや良いかみ合わせを追求したうという場合には大人の矯正治療へ移行することをおすすめしております。

C.こどものプレミアム矯正(約7~12歳)・・・55万

こどものプレミアム矯正

こどものプレミアム矯正はまだ子供のうちに歯並びを治しきろうという、当院独自の矯正プランとなっています。
大人の矯正治療に移行すること無く、永久歯が生え揃うまでに最大限の治療をさせて頂くことで、まだ子供のうちに矯正治療を完結させるという一期的な治療法です。
大人の矯正治療ありきの二期的とは違い、治療期間を短縮することが出来るというメリットや、大人の矯正治療よりも費用を抑えることが出来るというメリット、子供のうちに矯正治療を完了させるため、見た目の気になる思春期に矯正装置をつけずに過ごすことができるというメリットがあります。
お子様の歯並びを綺麗に整えたい、なるべく歯を抜きたくない、受験に影響のないように早く矯正を完了させたい、矯正費用を抑えたいという保護者様のご希望に添えるよう、治療していきます。
当院では一般的なこどもの矯正治療の延長とも言えるこの「こどものプレミアム矯正」をおすすめしております。

歯も綺麗に仕上がり、メリットも多いこどものプレミアム矯正ですが、検査・診断の結果、将来的に確実に大人の矯正治療が必要となると考えられるようなお子様には適していないプランです。また、基本的に抜歯をしない非抜歯矯正治療ですが、抜歯した方が将来的に良い歯並びになると予想されるお子様には大人の矯正治療へ移行することをおすすめしております。