医院名:マロニエ矯正歯科クリニック 
住所:〒340-0034
埼玉県草加市氷川町2128-2ベラビル2階 
TEL:048-959-9087

矯正治療

一番上に戻る
歯並び無料相談歯並び無料相談 LINEで問い合わせLINEで問い合わせ

矯正治療の種類

矯正治療とはいっても、その方法や矯正治療に用いる装置は様々です。年齢や患者様ひとりひとりの歯並びによって最適な矯正治療は異なっております。当院では様々なケースに対応できるよう、種々の矯正治療方法をご提案させていただいております。数多くの選択肢のうちから一緒にご相談し、患者様に最も合う矯正治療を見つけていきましょう。

乳歯列期(乳歯だけの歯並び)3才~6才頃)

プレ矯正

歯並びは永久歯になってからが大切ですが、将来的に歯並びが悪くなってしまうということは、乳歯の時期からある程度は予想することが可能です。お子様の成長期に歯並びを悪くしてしまう原因を予め取り除いてあげることで、不正咬合のリスクを減らすことができます。
プレ矯正では「マイオブレース(T4K)」「ムーシールド」「プレオルソ」という筋機能トレーニング装置を使って、唇や舌の筋肉を正常な状態に戻してあげる治療を行い、正しい歯並びへ誘導していきます。
基本的にお家の中でのみ使う子供のためのマウスピース治療がプレ矯正となっており、努力次第ではこのプレ矯正だけでもきれいな歯並びにできる場合もあります。

混合歯列期(乳歯と永久歯の歯並び)6才~12才ごろ)

こどもの矯正(早期矯正治療)

こどもの矯正

まだ成長の途中である成長期だからこそ行うことが出来る矯正治療です。実際に永久歯が生えてきたら前歯のかみ合わせの上下が逆になってしまっていたり、デコボコに生えてきてしまっていたりと、本格的にお子様の歯並びが気になり始めるのがこの時期です。
こどもの矯正治療では、永久歯がきれいに生えてくるように顎の成長をコントロールします。使うのは取り外し式の装置や、寝る時に使用する装置など、数十種類もある様々な装置を患者様ごとに組み合わせ、最も適した治療を行います。
必要なら歯に直接固定する装置であるブラケットなども使い、きれいな歯並びになるよう目指していきます。
※完全に永久歯が生え揃った後で、ご希望のある方・治療が必要と判断された方はここから大人の矯正治療に移行していきます。

 

こどものプレミアム矯正

乳歯から永久歯生え変わる時期からすべての歯を動かして、最後の永久歯が生え揃うタイミングで歯並びを完成させるというのがこどものプレミアム矯正です。
こどもの矯正から大人の矯正に移行せず、子供のうちに矯正治療を完了させます。
こどものプレミアム矯正ではこどもの矯正の後半から目立たないホワイトワイヤーを使い、ブラケットを使って歯並びをきれいに整えていきます。
矯正治療を進める上で歯を抜く必要がある場合、大人の矯正が必要と判断された場合には適応とならないこともございます。
※こどもの矯正から移行することが可能です。

永久歯列期(永久歯だけの歯並び)12才~)

大人の矯正(本格矯正治療)

一番奥に生えてくる第二大臼歯(12歳臼歯)まで生え揃い、すべての歯が永久歯になった方が行う矯正治療です。すべての歯に目立たない透明なブラケットとホワイトワイヤーを装着し、美しい歯並びになるように歯を動かしていきます。患者様によって治療プランは異なりますが、歯を抜く場合と歯を抜かない場合がございます。
矯正治療で歯が動くのはおよそ1ヶ月に1mmと、とてもゆっくりです。そのため矯正治療には平均して2年~3年必要になります。こどもの矯正治療を行ったけれど、抜歯したほうが良く治る患者様は大人の矯正治療へ移行することをおすすめしております。

部分矯正

下の前歯がでこぼこしている、前歯の真ん中がすきっ歯になってしまっているなど、少しの歯並びのズレを治す簡単な治療法が部分矯正です。
歯並びの問題が一部分だけという患者様が適応となり、前歯、もしくは奥歯のみにブラケットを装着して短期間で歯並びを整えていきます。
歯並びのでこぼこが強い、前歯が出ているなどの問題は部分矯正では解決しないことがほとんどです。
スペース不足や奥歯のずれなどは抜歯を含む全体矯正でないと治療することは出来ません。
また、動かせる歯が限定されているため、咬み合わせの改善が出来ない可能性があります。
部分矯正は見た目の改善、清掃性を高めることをメインとした治療法となっています。
結婚式、成人式など、人生の中でも大切なイベントを控えているという患者様は予めご相談ください。

裏側矯正(舌側矯正)

一般的な矯正治療である表側にブラケットを装着する表側矯正とは異なり、裏側矯正では歯の裏側にブラケットを装着します。そのためブラケットが見えなくなり矯正していることが周りから気付かれない審美性に優れた治療法です。
表側矯正には抵抗がある、お仕事の都合で目立つ矯正装置はつけられないという患者様におすすめの方法です。
裏側矯正ではブラケットを患者様ひとりひとりに合わせてオーダーメイドで作成するため、費用が高くなります、
また、表側矯正に比べてとても繊細な治療となるため、治療期間、治療時間も長くなる傾向にあります。
患者様の歯並びの状態、治療計画によっては適応とならない場合もございます。ご了承ください。

裏表矯正(ハーフリンガル)

上の歯は裏側にブラケットを装着し、笑った時などでも比較的見えにくい下の歯には表側にブラケットを装着するという方法です。矯正治療では表側に装置を装着した方が歯をコントロールしやすくなるため、上下の歯の裏側にブラケットを装着する裏側矯正よりも適応症の幅が少し広がります。
費用は表側矯正と裏側矯正のちょうど中間となっており、上の歯にはなるべく装置をつけたくないという患者様におすすめしております。

マウスピース矯正(インビザライン)

インビザラインでは取り外し可能なマウスピースで少しずつ歯を動かしていきます。毎日20時間使用する必要がありますが、マウスピースは透明でとても薄いため、装着していることに気付かれにくくなっています。
マウスピースは患者様の歯型のデータをもとに、米国のアラインテクノロジー社に発注し、治療開始~治療終了までのマウスピースを3Dプリンターで作成します。
マウスピース矯正は従来のワイヤーを使う固定式の矯正治療とは違い、患者様による使用時間が影響する治療です。そのためマウスピースを装着している時間が少なすぎると予定通りに歯が動かず、治療完了までの期間が延びてしまいます。しっかりと毎日装着するようにしましょう。
マウスピースは取り外し可能で、食事や歯磨きなどをいつも通りに行って頂くことが出来ますので、とても衛生的で、快適にお使い頂けるというのが特徴です。
患者様の歯並びや治療計画によってはとならない場合もございます。ご了承ください。